変わる契機をもらった

心が常に重い。 発散する方法がわからない。

溜まり続ける。息苦しくなる。

 

時々、不意に眠れなくなることがある。

そんな時は人生に絶望している人のブログを見て俺はまだましだと自分に言い聞かせてきた。最低だけどそれしか方法がなかった。

 

 

3か月ほど前1つのブログを見つけた。

ひどい鬱に悩む人のブログだった。本当に苦しそうで文章と画像から苦痛がにじみ出ていた。鬱だけでなく動悸など身体的な症状もあり、読んでいる自分は別の病気も併発しているのではないかと思った。

 

それからそのブログを最初から読み返し症状などをネットで調べ、甲状腺の病気ではないかと考えた。

しかしコメントするには、はてなブログIDが必要でID登録とか詳しくない自分に伝える方法はないと諦めた。

 

それから数日その人の鬱はどんどんひどくなっていった。

もう見ていられなくなりID取得方法を調べ(けっこう簡単だった)コメントした。

 

「あなたの症状が○○病に似ている気がするのですが」と。

翌日返事があった。

「似ているかもしれません。ありがとうございます」と。

 

嬉しかった。俺みたいなダメ人間でも人を救えたかもしれないと。

もしその症状で正しければ病院で適切な治療を受け、体の負担が減り、鬱症状も軽くなるんじゃないかと思った。

 

それから3日ほどしたのち「もう限界だ」と自殺を示唆する記事を残しそのブログは終わった。

 

とても虚しく悲しかった。全くの他人なのに落ち込んだ。

不要になったこのIDの削除作業に入ったとき ふと躊躇した。

これをきっかけに少し頑張ってみようかと思った。

 

その人は死んでしまったかもしれないが俺は生きている。鬱でもない。

このゴミみたいな人生を変える努力をしなくてはならない。